大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
ショッピングカートを見る
オススメ商品
商品検索

rss atom
ボランティアコーディネーター白書2014年版(2011-2013年)
特集:東日本大震災以降の災害ボランティアコーディネーション
編集:日本ボランティアコーディネーター協会
A4判 88頁
発行年:2014年

ボランティアコーディネーターの現状や動向を、論説とレポートで示す。コーディネーターの追求する価値と果たすべき役割を検証。

【解説】
ボランティアコーディネーターをめぐる課題やボランティアコーディネーションの多様な実践を多角的に検証し、論じることを目的に1999年に創刊された白書の7冊目。未曾有の災害となった東日本大震災はボランティアコーディネーションにも多大な影響を及ぼした。その様相を特集論文と分野別レポートでふりかえるとともに。震災以降のボランティアコーディネーションを展望する2007〜2009年の日本のボランティアコーディネーターの現状や動向を、論説とレポートで示す。コーディネーターの追求する価値と果たすべき役割を検証。

【編集】
特定非営利活動法人 日本ボランティアコーディネーター協会(略称:JVCA)
多様な分野で活動するボランティアコーディネーターのネットワークを築き、その専門性の向上と社会的認知をすすめ、専門職として確立することを目的に、2001年に設立。社会福祉協議会や国際交流協会、ボランティアセンター、福祉施設の職員、市民活動推進機関・NPO・NGOのスタッフ、研究者、企業の社会貢献などの担当者、教職員、行政職員、学生などが参加。あらゆる分野やセクターの違いを超え、専門的役割の確立という共通の目的を持ったネットワークで、さまざまな事業を展開している。


【はじめに】
 ボランティアコーディネーター白書』は1999年に創刊され、今回で7冊目の発行となります。ボランティアコーディネーターをめぐる課題やボランティアコーディネーションの多様な実践を多角的に検証し、論じることを目的に、2〜3年ごとに編集委員会を構成して取り組んできました。内容は、特集論文、分野別レポート、調査データ、実践研究(報告)、文献紹介、年表などで構成されています。
 前回の発行は、2011年2月でした。その翌月に、未曾有の被害をもたらした東日本大震災が起きました。亡くなられた方や行方不明の方が1万8500人を超え、また2014年1月28日現在、なお全国に27万人以上の方が避難生活を送っておられます。
 1995年に発生した阪神・淡路大震災以降、大規模な災害時に全国から被災地に駆けつける「災害ボランティア」の存在は広く認識されるようになり、同時に「ボランティアコーディネーター」や「ボランティアコーディネーション」についても関心が集まるようになりました。
 東日本大震災は、この「ボランティアコーディネーション」のあり方にも大きな影響を及ぼしました。広範囲にわたる被災への対応、全国から訪れる大規模なボランティアの動き、地震と津波による複合的な被害状況など、東日本大震災で直面した状況によって、新たに作られ、また変化したボランティアコーディネーションの取り組みがありました。その様相はどのようなものだったのでしょうか。また、その変化は、東日本大震災以降のボランティアコーディネーションにどのような影響を与えているのでしょうか。
 こうした問題意識を背景に、今回の白書の大きなテーマを「東日本大震災以降の災害ボランティアコーディネーション」としました。特集論文や分野別レポートを通して、東日本大震災時の状況を振り返るにとどまらず、東日本大震災以降の日本のボランティアコーディネーションの展望についても考察できる一冊になったのではないかと思います。
 本書が、さまざまな分野でボランティアコーディネーションに携わっておられる方々の日々の実践と研究の一助となれば幸いです。
2014年1月
 ボランティアコーディネーター白書2014年版(2011-2013年)」編集委員会

目次
特集 特集 東日本大震災以降の災害ボランティアコーディネーション
【論文1】協働型災害ボランティアセンターの運営の課題と展望 田尻 佳史
【論文2】企業人の動きとボランティアコーディネーション 長沢 恵美子
【論文3】社協は災害とどう向き合うのか 〜ボランティアコーディネーションの視点〜 阿部 由紀
【論文4】災害時におけるインターネット情報発信ツールを活用したボランティアコーディネーション 城 千聡

災害に関する分野別レポート
【分野別レポート1】多文化共生におけるボランティアコーディネーション 杉澤 経子
【分野別レポート2】社会福祉施設におけるボランティアコーディネーション 〜東北関東大震災・共同支援ネットワークの介護・看護職ボランティアコーディネーション〜 小野寺 知子、田所 英賢
【分野別レポート3】病院におけるボランティアコーディネーション 〜ボランティアからの示唆 斉藤 悦子
【分野別レポート4】東日本大震災後の大学におけるボランティアコーディネーション 村上 徹也
【分野別レポート5】国際協力NGOにおけるボランティアコーディネーション 山口 誠史

【実践研究】学生主体のボランティア・ボランティアコーディネーション団体の設立と展開 〜未来を見つめ、地域を想う、若きカモメたち〜 結城 史隆

【調査報告】東日本大震災以降の環境NPOの取り組み 鈴木 美紀子

<文献リスト>
<ボランティアコーディネーター関連年表>
<全国ボランティアコーディネーター研究集会開催報告>




■大阪ボランティア協会会員の方は会員割引を選択してください
大阪ボランティア協会会員の方は協会発行本に限り1割引


■10冊セット(2割引)のご注文はこちら >>>

販売価格

2,592円(本体2,400円、税192円)

購入数
大阪ボランティア協会会員割引

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
市民活動スクエア CANVAS谷町
TEL 06-6809-4901(代表) FAX 06-6809-4902
office@osakavol.org

お問い合わせ  地図

 



Copyright 1996,2009 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.