大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
ショッピングカートを見る
オススメ商品
商品検索

rss atom
ボランティアコーディネーター白書2010-2012年版
特集:日本のボランティア・市民活動センターは、今後どうなるのか?
編集:日本ボランティアコーディネーター協会
A4判 103頁
発行年:2011年

ボランティアコーディネーターの現状や動向を、論説とレポートで示す。コーディネーターの追求する価値と果たすべき役割を検証。

【解説】
2007〜2009年の日本のボランティアコーディネーターの現状や動向を、論説とレポートで示す。コーディネーターの追求する価値と果たすべき役割を検証。
特集:日本のボランティア・市民活動センターは、今後どうなるのか?

【編集】
特定非営利活動法人 日本ボランティアコーディネーター協会(略称:JVCA)
多様な分野で活動するボランティアコーディネーターのネットワークを築き、その専門性の向上と社会的認知をすすめ、専門職として確立することを目的に、2001年に設立。社会福祉協議会や国際交流協会、ボランティアセンター、福祉施設の職員、市民活動推進機関・NPO・NGOのスタッフ、研究者、企業の社会貢献などの担当者、教職員、行政職員、学生などが参加。あらゆる分野やセクターの違いを超え、専門的役割の確立という共通の目的を持ったネットワークで、さまざまな事業を展開している。

【はじめに】

 「ボランティアコーディネーター白書」の創刊は1999年。以後、2、3年ごとに発行し、今回で6回目の発行となる。毎回、多様な分野で展開されているボランティアコーディネーションの実践を分析してきたが、第3号からは特集テーマを設定し、各分野での動向に加え、特集テーマを切り口とした横断的な分析にも力をいれている。

 今回の特集テーマは「日本のボランティア・市民活動センターはどうなるのか?」とした。

 ボランティアセンターや市民活動センターなどの「中間支援組織」は、ボランティア活動、市民活動を支える社会的基盤となる存在だ。特に我が国では80年代から社会福祉協議会に設置されたボランティアセンターの体制整備が進み、市民の社会参加を進める上で大きな役割を果たしてきた。しかし、「平成の大合併」で自治体の数が大幅に減少することに比例して社協ボランティアセンターの数も大きく減少し、配置されているボランティアコーディネーターも減少する事態が起こっている。

 一方、特定非営利活動促進法の成立以降、各地で市民活動センター(「NPOセンター」などと称するものも多い)の設立が進み、社会福祉分野を超え、広くNPO法人などの支援を進めている。しかし、NPOでのボランティア参画に対する関心が低いセンターも少なくなく、NPOのボランティアコーディネーション力を高める役割を果たせているとは言い難い状況だ。

 そこで、こうした現状の分析や今後のあり方を、ボランティアコーディネーションの推進という立場から迫ろうというのが今回の特集である。折しも2011年度から「新しい公共支援事業」が始まる。この事業の成果指標としてボランティアコーディネーターの養成数が設定されるなど、ボランティアコーディネーターの存在に対する関心が再び高まってきた。このような時期にボランティアコーディネーション展開の重要な地域拠点であるボランティア/市民活動センターのあり方を検討することは、今後の市民活動推進策に多くの示唆を与えるはずだ。

 今回の特集原稿、さらには各分野の分析レポートなどにより、市民の社会参画における課題が整理され、新たな取り組みを生みだす起点となることを期待したい。
ボランティアコーディネーター白書2010-2012編集委員会

目次
特集 日本のボランティア・市民活動センターは、今後どうなるのか?
論文1 日本のボランティアセンター・市民活動センターは、今後どうなるのか?
早瀬 昇

論文2 中間支援組織におけるボランティアコーディネーションの意味と必要性
筒井 のり子

論文3 社会福祉協議会ボランティアセンターのこれから
渋谷 篤男

論文4 大学ボランティアセンターの状況と課題
赤澤 清孝

現場レポート1 途上国におけるボランティアセンター設立ガイドの開発研究事業
村上 徹也

現場レポート2 NPO支援センターの全国調査より
新田 英理子

現場レポート3 ボランティア・市民活動センターが運営するボランティアマッチングシステムに関するアクセス解析
田中 利昌

分野別レポート
レポート1 国際交流・多文化共生におけるボランティアコーディネーション
栗木 梨衣

レポート2 社会福祉施設におけるボランティアコーディネーション
南 多恵子

レポート3 日本の病院におけるボランティアコーディネーション
斉藤 悦子

レポート4 学校教育の動向とボランティアコーディネーターのあり方
池田 幸也

レポート5 環境問題解決に向けたボランティアコーディネーション
須藤 美智子

レポート6 文化・芸術分野におけるボランティアコーディネーション
柴田 英杞

実践研究
実践研究1 生涯学習ボランティアとコーディネーション技術
佐藤 成臣

実践研究2 災害ボランティアコーディネート支援に関する研究報告
〜災害ボランティア活動支援SNSの可能性〜
宮 賢哉

調査報告
調査報告1 全国社会福祉協議会「全国ボランティア活動実態調査」 報告書(平成22年7月発行)について
後藤 麻理子

調査報告2 独立行政法人日本学生支援機構「平成20年度 大学等におけるボランティア活動の推進と環境に関する調査報告書」について
白井 恭子

<文献リスト>
<ボランティアコーディネーター関連年表>
<全国ボランティアコーディネーター研修集会2008-2010開催報告>




■大阪ボランティア協会会員の方は会員割引を選択してください
大阪ボランティア協会会員の方は協会発行本に限り1割引


■10冊セット(2割引)のご注文はこちら >>>

販売価格

2,592円(本体2,400円、税192円)

購入数
大阪ボランティア協会会員割引

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
市民活動スクエア CANVAS谷町
TEL 06-6809-4901(代表) FAX 06-6809-4902
office@osakavol.org

お問い合わせ  地図

 



Copyright 1996,2009 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.