大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
ショッピングカートを見る
オススメ商品
商品検索

rss atom
情報誌『ウォロ』2020年4月・5月号
情報誌『ウォロ』2020年4月・5月号

【立ち読みページ(PDF)】です!


【特集:多文化と人権―外国人市民をとりまく社会を考える】
・概説:共に暮らす「移民」として―外国人政策と支援活動のこれまで
 玉置 太郎(朝日新聞記者)
・浜松からの報告:市民参加で顔の見える関係づくりを醸成
・コラム・神戸からの報告
・横浜・川崎からの報告:入居差別はなぜ、無くならないのか?
・「共生」を取り戻す 外国ルーツの市民が人として暮らせる社会へ
 眞 幸さん(大阪大学大学院准教授)×玉置 太郎さん

【うぉろ君の気にな〜るゼミナール】
「リカレント教育」って?

【ウォロ'sトピック】
新型コロナ下、市民団体が使える財政支援策とITツール情報

【実録・市民活動「私のいちばん長い日」】
児童虐待防止法の制定
 森田 ゆり(作家、エンパワメント・センター主宰)

【熊本地震災害 熊本発〜現地から伝える「被災地の今」】
復興住宅が完成、被災者支援は次のフェーズへ
 樋口 務(くまもと災害ボランティア団体ネットワーク 代表理事)

【V時評】
1.コロナ危機―俯瞰的な視点から考える
2.みんなが、当事者。自粛だけでなく、困難打開の努力も!

【ドクター長浜のソーシャルマネジメントの処方箋】
公益組織のブランド戦略
 長浜 洋二(モジョコンサルティング合同会社 代表)

【現場は語る〜コーディネートの現場から】
手話通訳の依頼から見えてきた現場と共感を生み出すコーディネーションの必要性
 椋木 美緒(大阪ボランティア協会 ボランティアコーディネーター)

【言葉 Part3 歴史の中のボランタリズム】
私は目には見えないけれど、何か偉大な結果が生まれる予感がしました。(アンリ・デュナン)

【U35】
吉川 雄介さん(NPO法人Colorbath 代表理事、株式会社カラーバス 代表取締役)

【この人に】
沈壽官さん(薩摩焼十五代)

【シネマ〈拡大版〉/ライブラリー】
未来の映画のために―デジタル配信「仮設の映画館」とミニシアター支援/書籍紹介

【傍聴カフェ〜裁判から見える社会】
ケースNo.18「高齢者の失恋殺人」

販売価格

550円(本体500円、税50円)

購入数

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
市民活動スクエア CANVAS谷町
TEL 06-6809-4901(代表) FAX 06-6809-4902
office@osakavol.org

お問い合わせ  地図

 



Copyright 1996,2009 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.