大阪ボランティア協会

WWW を検索 osakavol.org を検索
ショッピングカートを見る
オススメ商品
商品検索

rss atom
情報誌『ウォロ』2019年8・9月号
情報誌『ウォロ』2019年8・9月号

【立ち読みページ(PDF)】です!


【特集:子どもの権利の推進と市民活動 条約採択30年・批准25年目の日本】 
・国連子どもの権利条約と市民活動 ―日本における子どもの貧困問題を例に
 田代 光恵(公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン)
・国連子どもの権利委員会委員・大谷美紀子さんに聞く 日本の状況と市民社会の役割
 話し手:大谷 美紀子さん(国連子どもの権利委員会委員、弁護士)
・市民活動と行政の協働で子どもの最善の利益をめざす
 事例:高校生居場所カフェ(officeドーナツトーク)/虐待通告電話受電対応・子どもの安全確認(関西こども文化協会)
・まちの仕組みや環境を変える 「子どもが主役」を実現する子どものエンパワメント
 事例:宝塚市子ども委員会/奈良市子ども会議
 話し手:浜田 進士さん(子どもの権利条約関西ネットワーク共同代表)
・子どもの権利を知る・学ぶ・伝える資料

【うぉろ君の気にな〜るゼミナール】
「リビング・ウィル」って?

【実録・市民活動「私のいちばん長い日」】
リーダーになること、それは孤独と不安の連続だった
 八幡 隆司(特定非営利活動法人ゆめ風基金 理事・事務局長)

【西日本豪雨災害・広島発〜現地から伝える「被災地の今」】
NPOとして、市民として、広域災害と向き合う
 松原 裕樹(特定非営利活動法人ひろしまNPOセンター 専務理事・事務局長)

【V時評】
1.ハンセン病家族訴訟判決に思う
2.活動参加の機会を現役世代にも

【ドクター長浜のソーシャルマネジメントの処方箋】
社会起業をはじめる際の三つのポイント
 長浜 洋二(モジョコンサルティング合同会社 代表)

【現場は語る〜コーディネートの現場から】
NPOの共感者を増やす伴走支援
 梅田 純平(大阪ボランティア協会 ボランティアコーディネーター)

【言葉 Part3 歴史の中のボランタリズム】
より貧しい日本女性を永続的に助けられるものなら、私は着物を売り、裸でいるのですが。―石井 筆子

【U35】
武藤 紗貴子さん(ツナガリ Music Lab. 代表)

【この人に】
瀬谷 ルミ子さん(特定非営利活動法人日本紛争予防センター 理事長、JCCP M株式会社 取締役)

【アゴラ/シネマ/ライブラリー】
大倉山ミエル/『どんぐりの家』/書籍紹介

【傍聴カフェ〜裁判から見える社会】
ケースNo.14「独居高齢者の放火」

販売価格

550円(本体500円、税50円)

購入数

社会福祉法人 大阪ボランティア協会

〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
市民活動スクエア CANVAS谷町
TEL 06-6809-4901(代表) FAX 06-6809-4902
office@osakavol.org

お問い合わせ  地図

 



Copyright 1996,2009 Osaka Voluntary Action Center. All rights reserved.